ナビメニュー

質問詳細

子どもと大人の英語学習の違いは?

子どもと大人で英語学習方法はやはり大きく違うものでしょうか?スピーキングやリスニングなど英語で必要な能力を学習する順番など、大人と子どもで違いがあれば教えて頂けますか。

回答数: 1

回答1

Profile image

Harunaコーチ

2022年4月25日

子どもと大人の英語学習方法についてのご質問ですね。 一番大きな違いは、大人は第一言語として日本語が出来上がっているという点です。そのため、子どもが言語を習得するような自然な順番ではなく、日本語で英語を理解したり、文法を学習することでとても効率よく言語が習得できます。 大人は、4技能を同時に学ぶのがとても効果的ですね。それに比べ、子どもは、まだ日本語でも知らない単語や概念があるので、日本語と英語を同時に習得するというイメージになります。なので、子どものうちは、日本語を習得するのと同じような感覚で英語を習得することができる力があります。特に低年齢のお子さんは、英語の発音も抵抗なくそのままインプットする力も優れているので、発音も比較的上手にリピートできる方が多いです。 単語も日本語に置き換えずに英語を抵抗なくそのままインプットすることもできます。 その一方で、低年齢のお子さんは、リーディングやライティングは日本語でもまだできないことも多いので、どちらかというとスピーキングとリスニングが中心になってくると思います。小学生ぐらいになると、少しずつ日本語が出来上がって来るので、大人の学習方法に近づいてきて、小学生高学年ぐらいからは大人に近い学習方法の方が効果的だと思います。