ナビメニュー

質問詳細

Profile image

わた鍋

2021年11月14日

英語レベル:上級

ビジネス英語の勉強法

日常会話はできるが、ビジネス英語はできない人向けの学習法や教材を探しています 1年近く前に外資系の企業に転職し、普段から社内でのやりとりで英語を使うようになりました。 普通の話なら問題なくできますが、仕事の話がほとんどまともにできません。 契約に関する話、会社のマーケティングや経営方針の話、請求書うんぬんの話、上司と自分の営業活動について報告、相談する時など、いちいち使う単語が英語で何と言えばいいかが分かりません。 普段の会話では使わない言い回しや単語ばかりです。 また、今の仕事で関わるのが金融業会なのですが、業界に関すること、経済のことなども英語で理解するのも話すのも難しいです。 この様なビジネスに特化した英語学習をしたい時、どの様な勉強法・教材を使えば良いのでしょうか? コーチの方のアドバイスをいただきたくご質問させていただきました。

回答数: 3

回答1

Profile image

Satomiコーチ

2021年11月16日

仕事の場で上司や海外の同僚とのコミュニケーションに苦労されているのですね。 外資系企業の部長や事業部長の方は、日本国内に限らず、多くの方がMBAやビジネス系の専攻課程を修了されている方が多くいらっしゃいます。会社のオペレーションを即戦力で廻せるようになるために、学校で一程度その素養を身に着けてこられるわけですね。結果、日常で使われる会話とビジネスの中で使われる会話での単語や言い回しにギャップがうまれます。これはおそらく、日本人だけでなく、他の海外のジュニアスタッフも一程度苦労されているのではないかとお見受けします。(しかし、海外のジュニアスタッフは既に英語ができるので、その点においてアドバンテージがあります。) そこでお勧めな勉強法としては -TOEIC ビジネスで頻出の英単語が出てくるのでお勧めです。内容も比較的平易で、とっかかりやすく、コストもそれほどかからない点からも一番のおすすめです。 -Nikkei Asian Review 本国のボスたちは主にHarvard Business ReviewやFinancial Timesを熟読されていることでしょう。しかし、簡単によみこなせるものではありません。そこでお勧めしたいのがNikkei Asian Reviewです。金融系にお勤めとのことで、日経新聞をご覧になるタイミングはありませんか。日経新聞ですでに掲載された話題が英訳されていたり、日本やアジアの企業の経営について詳しく述べられてたりします。SNSでフォローするだけでも、最新の時勢がわかって勉強になりますよ。 ちなみに私個人の経験ですが、米国公認会計士試験の勉強や、海外にいた際に現地の大学の社会人教育の授業(ビジネス倫理・人材マネジメント系の授業をとりました)に参加することで、かなりビジネス英語になじむことができました。(…もう10年以上前の話です。)ビジネス系の英語トピックはたくさんあります。ぜひネットで色々探してみてくださいね。ご活躍を心より応援しております。

回答2

Profile image

Sayakaコーチ

2021年11月17日

ビジネス英語の勉強法のご質問に関し、いくつかご提案させてください。 日常英会話は問題ないとの事ですが、ビジネス英語の第一ステップとしての、丁寧な英語を話すという点に関してはいかがでしょうか。 職場でカジュアル過ぎる英語を使うことは避けたい、というのは外資ビジネスパーソンの永遠のテーマですが、この辺りはアプリを使った学習が有効だと思います。例えばSpeakBuddyのビジネス英語コースなど、一見簡単そうですが、一般的なビジネスシチュエーションに対応し言い回しなどが一通り身に付きます。他にもビジネス英語に特化したアプリは色々出ているので、調べてみてくださいね。 次に仕事関係の単語を覚えるという点ですが、これは過去の社内文書や部署内メールを読み込んで覚えていくことが、最も一番手っ取り早く、効率がいいかと思います。金融業界との事ですので、例えば外資系金融で日本採用の新入社員が参考書代わりに買う、「金融英語の基礎と応用」「金融・会計用語辞典」などを準備し、必要に応じて調べられるようにするのもいいと思います(紙ベースの勉強がお好きな場合特にお勧めです)。金融業界といっても幅が広いので、業種に合ったコンテンツかどうか、書店等で内容を確認してみてください。 英語のベースが出来上がっていって、後はビジネス用の英語をプラスアルファということですので、教材は経済ニュースなど無限に見つかります。読みやすい(聴きやすい)ところだとCNBC,CNN money や BusinessInsider、経済分析などを中心に慣れたいならThe economistやThe Wall Street Journal などが有名どころでお勧めです。 教材としての使い方は、ご自分に関係ありそうな記事に絞って、知らない言葉の意味を調べつつオーバーラッピングする事が、使えるセンテンスを身につける近道としてお勧めです。聞き流しはリスニングの強化にはいいと思いますが、ビジネス単語力を増やしたいとの事ですので、何度か繰り返して聞いて、センテンスや単語を自分のシチュエーションに置き換えて身につけていく方法が、有効かと思います。 最後になりますが、もし可能でしたら、。会議資料の準備など、ちょっとした英語に関する質問ができるネイティブのメンターがいると最高ですね。 英語の基本ができているなら、ビジネス英語(社内が英語で対クライアントは日本語の場合は特に)は、該当分野の新出単語やイディオムを上乗せして覚えていく作業がメインとなりますから、やり方次第では超短期でも実装可能かと思われます。是非頑張って下さいね。

回答3

Profile image

Yuuコーチ

2021年11月17日

ビジネス英語や、ご自身の業界の英語を身につけるのでしたら、こんなテキストや学習法はいかがでしょうか? ・Market Leader ピアソンから出版されている教材です。ケーススタディやロールプレイが含まれていて、ビジネス英語を学習するのにいい教材だと思います。ビジネス英語に強い講師を探して、一緒に学習するといいですね! ・Coursera Courseraのようなオンラインで目的の分野の講座を受けてみるのはいかがでしょうか?マーケティング、金融など、たくさんの種類の授業が提供されているので、授業の中で用語に触れられたり、用途を知ることができると思います。 私も過去にいくつか講座を受けましたが、無料で有名大学の講座が受けられるのでとっても有意義だと思いました!ただ、お仕事でお忙しいと思いますので、時間を確保するのは大変かもしれませんが^^;一度ご覧になってみてください♪