完全無料から有料まで!おすすめ英語スピーキングアプリ10選を紹介

Author profile picture
Author profile picture
Author profile picture

英語学習のプロの意見 : 3

注目記事写真

英語のスピーキング力を独学で向上させるには、英会話アプリを活用するのがおすすめです。アプリには完全無料なものから一部無料、有料のものがあり、無料アプリでもスピーキング練習はできます。

英語初心者の方であればまずは完全無料・一部無料のアプリで学習をはじめてみるのもおすすめです。無料アプリといえど、さまざまな機能を体験できたり、英単語から文法まで含めて、十分に英語力の向上につながるものがあります。

「英語を勉強したいけど、きっかけがない」「初心者で英会話レッスンを受けるのはまだ怖い」人には、英語学習の入り口として無料アプリをおすすめします。

ただ無料アプリのデメリットとして、その多くは使える機能や学習コンテンツが限られています。英語のスピーキングを向上させるためには、英単語や文法などの基礎に加えて、実践的なスピーキングや英会話を通じて、リスニングなどを含めて総合的に力をつける必要があります。

そのため、継続的に学習することを考えると、有料アプリのほうが使いやすい機能が充実しており総合的な英語力を鍛えるのに効果的です。また、有料アプリは定期的に新しいコンテンツが更新されるため、無料アプリと比べ学習に飽きにくいでしょう。さらに有料アプリには、最新の音声認識技術やAIが採用されているため、細かい発音のフィードバックが得られることも特長です。

この記事ではスピーキングが上達するポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事に登場する英語学習のプロ

Author profile picture

Masumiコーチ

子供の頃から海外に興味があり、海外ドラマや洋画を観たり、洋楽を聞くうちに英語をもっと勉強したいという気持ちになる。外国語大学に進学し、第二言語習得論や異文化コミュニケーションを学ぶ。卒業後、オーストラリアに1年間語学留学。家庭教師、個別指導塾講師、翻訳、訪日外国人接客業務などに従事。英検®1級、TOEIC®970点取得。

Author profile picture

Norika

現役子ども英語講師。指導歴10年以上。地域の公立中学校でも学習サポーターとして活動。 中学校で始めてふれる英語の響きに魅了される。その後、学生の間に、NHKラジオ講座、アメリカの友人との文通、イギリス短期留学、ホストファミリーとして留学生受け入れなど、学校以外でも英語に親しんだ結果、19歳で英検®︎準1級合格。 卒業後は英語を使わない事務職に就くが、夢を諦めきれず40代で子ども英語講師に。現在、全国展開のスクールで幼児から高校生まで指導中。優秀講師賞受賞。より良いレッスンと英語力向上のためオンライン英会話に励む毎日。TOEIC®︎900点。 自身の運営する「英語の先生応援ブログ」では、これまでの指導経験をもとに講師向けアドバイスを発信中。

Author profile picture

Yuuコーチ

オーストラリア University of New South Wales 卒業。英会話スクール勤務を経て、現在は英語公用語のグローバルなIT企業に勤務。英検®1級、TOEIC®980点取得。

英語のスピーキングがうまくなるポイント

具体的にアプリをご紹介する前に、まずは英語のスピーキングがうまくなるポイントを解説します。

「対面の会話レッスンが苦手で、できれば独学でスピーキングを鍛えたい」「スピーキングを伸ばしたいけど、どう練習したらいいかわからない」人は、ぜひ参考にしてください

正しい発音を学ぶ

英語にはスペルから発音を推測できない単語が多いため、まずは発音の基礎的なルールとパターンを学習しましょう。

たとえば、アルファベット 'a' には以下5種類の発音があります。

・ə
・eɪ
・æ
・ɑ:/ɑ:r
・ɔ:

an apple’のように、名詞の前に付く冠詞に 'a' が入っている場合は、‘ə’ の発音が使われます。

しかし、単語の中に 'a' が使われる場合、単語によって発音が変化します。以下、いくつか例を紹介します。

単語発音記号
abilityəˈbɪləti
taketk
cat kæt
startstɑːt / stɑːrt
alrightɔːlráit /ɒːlˈraɪt

同じアルファベットでも冠詞または単語で使われているのか、さらにどの単語で使われているのかで発音が異なります。

とくに初心者は発音の基礎知識やルールを知っておかないと、文字を見ただけでその単語の正しい発音を推測するのは困難です。

まずは基礎的な発音のルールをしっかり学んでからスピーキング練習を始めてください。発音の詳細なルールについては、発音の解説が記された以下の記事も参照してくみてださい。

英語の発音をよくする方法とは?音声変化と発音記号を学ぼう

基礎文法を学ぶ

会話では瞬時に頭の中で文章を組みたてる必要があるため、単語学習のみでなく文法の基礎パターンも学習しましょう。

相手とひと言、ふた言交わすだけなら単語だけでも十分ですが、英語でコミュニケーションを取ることが目標であれば、文法学習は必須です。

しかし難しく考える必要はありません。なぜなら、日常会話であれば中学レベルの文法を習得していれば十分会話として成立します。

初心者は中学レベルの文法を一通り復習し、土台を固めてから上のレベルの学習を進めてください。

瞬発力を鍛える

実際の会話は想像以上に早く進んでいきます。そのため、会話中に自分が言いたいことをすぐに頭の中で英語に変換し口に出せるよう、練習しておきましょう。

とくに会話練習が少ない初心者のうちは、実践の場で思うように英語が口から出てこなかった経験を持つ人も多いでしょう。

瞬発力が足りないと感じる人は、瞬時に英作文を作り、口に出すトレーニングがおすすめです。

日本語を英語に訳し、瞬時に口に出す練習を重ねると徐々に瞬発力が向上していきます。

作った英文を自分で答え合わせするのが難しい人はぜひ教材を活用してください。以下の記事では瞬発力を鍛えられるおすすめの本を紹介しています。

おすすめの英会話本10選!初心者にもできる効果的な学習方法も紹介

相手のリスニング力を鍛える

相手が言っていることを聞きとり「会話」するには、スピーキング力のみでなくリスニング力も必要です。

リスニング練習は通勤時間や移動時などに手軽にできるため、スキマ時間にリスニングを鍛えましょう。

大切なのは自分のレベルに合った教材を活用し、できるだけ毎日英語を聞くことです。

英語に触れる時間が蓄積されると、徐々に英語のリズムや音に慣れていきます。まずはアプリやYouTubeなどを活用し、気軽にできる聞き流し学習から始めてみてください。

以下の記事ではリスニング力におすすめの聞き流し学習教材を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

英語の聞き流しに使えるおすすめの無料・有料アプリ12選!

フィードバックをもらい改善する

スピーキングを上達させる近道は、間違っている発音を具体的に指摘してもらうことです。

簡単に答え合わせができる文法や単語とは違い、自分の発音があっているのか自分で判断するのは困難です。

発音を間違えたままスピーキング練習を繰り返すのは上達の遠回りになるため、できるだけ学習の早い段階でフィードバックをもらうことが大切です。

フィードバックを得るには、単発で利用できる英会話レッスンや英会話イベントへの参加がおすすめです。

単語や文法を覚えていても発音が違うと相手に会話が通じません。こういった機会をつくって定期的にフィードバックをもらい自分の間違いに早めに気付けるようにしましょう。

スピーキングに特化した無料・有料英語アプリのメリット

ここからはスピーキングに特化した英会話アプリを活用するメリットを解説します。

アプリでのスピーキング練習を試したことがない人、音読やシャドーイングで効果を感じられなかった人はぜひ参考にしてみてください。

隙間時間を利用し、好きなときに学習できる

アプリを活用すると、仕事の合間の隙間時間を利用したり、好きなときに好きな場所で学習できます。対面レッスンと違い、早朝や夜中でも気軽にスピーキングを練習できるのがメリットです。

忙しくてまとまった学習時間を定期的に取れない人も、アプリだとスキマ時間をフル活用できるでしょう。

人目が気にならない場所であれば、職場や旅行先などでも気軽にスピーキング練習ができるため、学習を習慣化しやすいのも魅力です。

また、自分のスケジュールに合わせて学習時間を自分で決められるのもアプリ学習の特長です。

時間に余裕があるときは長めに学習時間を取る、忙しいときは30分以内に学習を終える、など柔軟に学習スケジュールを決められます。

これまで忙しくて英語学習を習慣化できなかった人は、ぜひアプリを活用してみてください。

またアプリ以外にも、隙間時間を有効に活用できる英語勉強法については、以下の英語のプロの意見も参考になります。

失敗を恥ずかしがらずに練習できる

外国人講師との会話はハードルが高く感じたり、間違えるのが怖くてレッスン中に思うように話せなかったりする人も多いでしょう。

しかし、アプリ学習であればその心配はいりません。スマートフォンに向かって話すため、他の人の目を気にすることなく自分の苦手な発音やフレーズを繰り返し練習できます。

間違うのが怖くて対面レッスンに抵抗がある人には、とくに有効な学習ツールです。

まずはアプリでスピーキング練習を重ね、慣れてきたら徐々に英会話レッスンや英会話イベントなどで実践練習してみましょう。

AIによるフィードバックで、発音の改善点がわかる

対面レッスンで「発音が違う」と指摘されたものの、どう改善したらいいかわからないこともあるでしょう。

限られたレッスン時間内で発音を繰り返し練習するのは現実的ではありません。レッスン後に自習練習し次のレッスンで講師にチェックしてもらうといった、時間のかかる学習法になりがちです。

しかし、最新AIが搭載されたアプリであれば具体的な発音の改善点がわかり、好きなだけ苦手分野の練習ができます。

たとえば「‘r’の発音が違う」とピンポイントで発音のフィードバックをもらえるため、自分ではわからなかったクセや改善点にいち早く気付けるのです。

自分の苦手分野を意識しながら、効率的に学習を進められます。

AIを利用したアプリをもっと知りたい場合には、以下記事も参考にしてみてくださいね。

無料AI英会話アプリで効率的に英語学習! 初心者にもおすすめの9選


費用を抑えられる

ALL-EIKAIWAの調査によると、対面マンツーマンレッスンの月額費用の平均は*13万円です。

また、オンライン英会話の月額費相場は3,000-5,000円との調査結果もあり、継続する場合は年間で数万円以上の出費になります。

場合によっては、レッスン用の教材を購入したり講師の指名料が発生したりし、さらなる費用がかかります。

お金がかかるイメージが強い英語学習ですが、アプリを活用することで大幅に費用を抑えられます。有料アプリの場合でも月額数千円で総合的な学習ができるアプリもあり、対面レッスンに比べると英語学習を始めやすいでしょう。

これまで費用が心配で英語学習に乗り出せなかった人は、ぜひアプリを活用してみてください。

*1【2022年】英会話教室の費用相場は?大手15社の料金を比較してみた

気軽に始められる英語のスピーキング無料アプリ6選

ここからはスピーキング練習を気軽に始められる無料アプリ6選を紹介します。

それぞれのアプリの特長を比べ、自分のレベルと目的に合った学習ができるアプリを見つけてください。

AI英会話スピークバディ

AI英会話スピークバディは、800以上のリアルなシチュエーションで、AIキャラクターと会話練習ができるスピーキングに特化したアプリです。

一人での独学では中々正確に身につかない英語の発音に関しても、AIが発音記号レベルで音声を認識しフィードバックを返してくれるため、発音の上達にもおすすめです。

また、1日1レッスン15分から学習でき、忙しい日常のスキマ時間を有効活用することで継続しやすくなっています。

AIによる個別カリキュラムの作成、発音記号レベルの分析、第二言語習得理論に基づく科学的な学習メソッドなどにより、従来のオンライン英会話と比べて高い学習効果を実現しています。

アプリのポイント
■AIによる発音記号レベルのフィードバック
■AIキャラとの気軽なスピーキング練習
■無料体験により全機能利用可能
1日65円〜!
AIキャラと気軽に英会話!
AI英会話スピークバディ 今すぐ無料体験する

ELSA Speak

ELSA Speak」は、苦手な発音を重点的に練習できる1日10分のレッスンを通じて、会話練習ができるアプリです。

レッスンはAIが用意してくれるため、自分でコースを選ぶ手間が省けます。

このアプリの最大の特長はAIが音素レベルで発音を分解し、具体的なフィードバックをくれることです

また、世界的な専門家によるテストをアプリ内で受けることで、発音の長所と短所がまとめられたレポートがもらえます。

自分で選択した英単語を記録できる辞書機能もあり、覚えたい単語を気軽に復習できるのも魅力です。

無料版ではレッスンのコンテンツが限られているため、幅広く学びたい人は有料版がおすすめです。

アプリのポイント
■AIによる発音の具体的なフィードバック
■英単語を覚えられる辞書機能あり

英語発音トレーニング

英語発音トレーニング」は、1日5分から気軽に発音練習ができるアプリです。

ネイティブによるお手本の音声を聞いたあとに、マネしながら自分で発音すると発音の正確さをチェックしてくれます。

発音のポイントも解説してくれるため、初心者でも練習のコツが掴みやすいでしょう。また自分の発音を録音できるため、簡単に自分の発音とネイティブの発音を聞き比べられるのもポイントです。

音声認識にはSiriが活用されているため、英語学習用に独自開発されたAIのような具体的なフィードバックは期待できません。しかしすべて無料のため、アプリ学習が自分に合うかわからない人でも気軽にチャレンジできます。

アプリのポイント
■ネイティブによるお手本を聞ける
■自分の発音を録音し、聴き比べられる

発音博士

発音博士」は英会話に必要な基礎力を鍛えられる、発音練習アプリです。無料で約160単語の発音練習ができます。

このアプリでは発音を100点満点で採点してくれるだけでなく、発音が違う箇所をマーキングで教えてくれるため、具体的な改善点がすぐにわかります。

アプリに表示された単語のスペルを1文字ずつタップすると、お手本とあなたの発音の違いを聞き比べられ、間違えている発音がひと目でわかる仕様です。

繰り返し練習したい単語を「お気に入り」に登録することで、復習用のリストも作成できます。有料版に申し込むと、4,000フレーズ以上の発音練習ができます。

アプリのポイント
■約160の英単語の発音練習(無料版)
■発音採点、音声録音

英会話トレーニング

英会話トレーニング」は初心者から上級者まで自分のレベルに合わせて、1レッスン1分から発音練習ができるアプリです。

日常会話、旅行、ビジネスなどシチュエーション別の会話フレーズを通じて、発音練習ができます。

発音を採点してもらえるため、上手く発音できたフレーズ、できなかったフレーズが一目でわかります。

発音練習、発音採点、聞き流し再生、完全無料で利用可能です。搭載されている機能はシンプルですが、スキマ時間に発音のみでなく聞き流し学習も一緒にできるのが魅力です。

アプリのポイント
■会話フレーズを通じて発音練習
■発音練習、採点、聞き流し再生をすべて無料で利用可能

英単語から発音まで手軽に英語学習-英語発音ドリルAtoZ

英単語から発音まで手軽に英語学習-英語発音ドリルAtoZ」は、ユーザーの発音をパーセンテージで採点してくれるアプリです。

お手本の音声のあとに真似して発音すると、画面にお手本と自分の音声波形が表示されます。自分が間違えて発音している箇所が具体的にわかるのが魅力です。

「App Store 子供向け英語アプリ」でランキング1位を獲得しており、子どもや大人の初心者でも学習しやすいレッスン内容です。すべての機能を無料で利用できます。

アプリのポイント
■自分の音声波形を確認できる
■「App Store 子供向け英語アプリ」でランキング1位を獲得

PROGOS

 

PROGOSは、実践的なビジネス英会話に関して、自身のスピーキング能力をテストできるアプリです。

国際的な英語指標となっているCEFRを日本人向けに定義したCEFR-Jに準拠しているため、客観的なスピーキング能力を身につけることができます。

また、AIがテスト結果を自動採点してくれるため、いつでもどこでも、素早く自身のスピーキング力をチェックすることができます。

オンラインで実践的なスピーキング力を計測したい人には、おすすめのアプリと言えるでしょう。

アプリのポイント
■スピーキング能力を図れるテスト
■AIが素早くテスト結果を採点

スピーク(Speak)

スピーク(Speak)は、chatGPTを導入し、リアルなシチュエーションに基づいてAI講師と話す形で学習を進められる英会話学習アプリです。

ホテルで、ハンバーガー屋で、カフェでなど現実の生活に根ざした形で会話を進められること、また人との会話のような形でAIと気軽に長い会話を続けられるため、実践的に英語を学ぶことができます。

オンライン英会話で話すことは恥ずかしい方にとって、実践経験前のリアルなスピーキング練習として、おすすめのアプリです。

アプリのポイント
■chatGPTを取り入れた英語学習
■恥ずかしさなく繰り返しAIと会話練習

Real英会話

Real英会話」は、英会話講師でもあるテリー先生が作成したアプリです。単語や文法は得意な日本人ですが、やはりスピーキングに関しては苦手意識を持つ方が多いのではないでしょうか。

このアプリには実際にネイティブが利用する3,200以上の英会話フレーズが収録されており、かつクイズ形式で楽しく学ぶことができます。

スピーキングでとっさに言葉が出てこない方や、自身の英語表現を増やしたい方にはおすすめのアプリです。

アプリのポイント
■ネイティブのリアルなフレーズが学べる
■3,200以上のフレーズを収録

Real英会話の効果的な使い方については、以下の英語のプロの意見も参考にしてみてくださいね。

Cake

Cakeは、ネイティブが使う実践的なスピーキング表現を学べる英会話アプリです。

実際にvlog、映画、テレビ番組などで利用される表現を利用して学習を進めることができ、発音やアクセントなども合わせて学ぶことができます。

加えて、1日10分という隙間時間で気軽に学習可能で、クラスと呼ばれる実践的なカリキュラムを利用して学習を進めることができます。

アプリのポイント
■vlog、映画、テレビ番組などで利用されるリアルな表現
■1日10分から気軽にスピーキング学習

無料・有料の英語スピーキングアプリを選ぶポイント

ここからは無料・有料を問わず英会話アプリを選ぶポイントを解説します。とくにアプリで英語学習をしたことがない人や、アプリ学習に不安がある人はポイントを押さえて賢くアプリを選びましょう。

自分の目的・レベルに合ったコースがあるアプリを選ぶ

まずは、自分の目的、レベルに合ったレッスンが用意されているアプリを選びましょう。

たとえば、日常会話の習得を目指す人は日常会話フレーズを重点的に学べるアプリがおすすめです。

多くのアプリに日常会話レッスンが用意されていますが、なかにはビジネス英語に特化したアプリもあるため、ダウンロードする前に自分の目的に沿ったレッスンが用意されているかチェックしましょう。

また、自分のレベルに合っているか確かめるのも大切です。初心者は中学レベルの英語を学べるアプリ、中級者は幅広いフレーズや単語を学べるアプリがおすすめです。

スピーキング以外の機能も搭載しているアプリを選ぶ

普段忙しく、まとまった学習時間が取れない人はできるだけ多くの学習サポート機能が搭載されているアプリがおすすめです。

スピーキングトレーニング以外に、単語クイズやリスニングテストなどがあれば、1つのアプリで効率的に学習できます。

初心者のうちは基礎的な単語や文法学習も大切なため、辞書機能で簡単に復習できる機能や文法の解説があるアプリ がおすすめです。

アプリで幅広い学習ができると、単語帳やリスニング教材を別途購入する必要がないため、費用面のメリットもあります。

発音のフィードバックがもらえるアプリを選ぶ

発音はスピーキング練習の肝となる大事なポイントです。そのため、アプリでスピーキング練習をする際は、発音のフィードバックがもらえるアプリを選びましょう。

しかし注意したいのは、アプリによってフィードバックの質が大きく異なる点です。たとえば、発音が「正しいか・正しくないか」しか教えてくれないアプリでは、自分の改善点を具体的に見つけるのは困難です。

また、搭載されているAIや音声認識機能も質もアプリによって違うため、ダウンロードする前にアプリの評価や口コミをチェックし、精度の高いフィードバックを得られるのか確認しましょう。

英語スピーキング力を着実に伸ばすならAI英会話アプリ

アプリを活用すれば独学でも気軽にスピーキング練習ができます。この記事で紹介したアプリ学習のコツと自分に合ったアプリの選び方を押さえて学習すると、上達がさらに早まるでしょう。

実践に備えた会話練習を通じて着実にスピーキングを伸ばしたい人は、「スピークバディ」をはじめとした高精度AIが具体的な改善点をフィードバックしてくれるアプリがおすすめです。

独学で自分の改善点を正確に把握するのは難しいものですが、AIのサポートにより自分の改善点にいち早く気付けます。

初心者で対面の英会話レッスンが怖い人は、まずはアプリでスピーキングに対する苦手意識を克服してから、対面レッスンや英会話イベントなどにチャレンジするのがおすすめです。ストレスなく英語学習を続けられるでしょう。

1日65円〜!
AIキャラと気軽に英会話!
AI英会話スピークバディ 今すぐ無料体験する
SNSでシェア!

関連記事