ナビメニュー
英語学習Q&AホームMasumiコーチプロフィール
Profile image

Masumiコーチ

第二言語習得論に基づいたコーチングを提供。家庭教師、講師、翻訳、訪日外国人接客業務などの分野で活躍。

回答した数:32参考になった数:43
子供の頃から海外に興味があり、海外ドラマや洋画を観たり、洋楽を聞くうちに英語をもっと勉強したいという気持ちになる。外国語大学に進学し、第二言語習得論や異文化コミュニケーションを学ぶ。卒業後、オーストラリアに1年間語学留学。家庭教師、個別指導塾講師、翻訳、訪日外国人接客業務などに従事。英検®1級、TOEIC®970点取得。

このコーチが回答した質問一覧

2022年11月25日
Profile image

Masumiコーチ

文法書は分厚く、情報量も膨大なものもあり、こういったテキストは最初に取り組むには抵抗がある方も多いです。 その点、「毎日の英文法」 は150ページ程度で、会話に必要な基本的な文法に絞り、シンプルに解説されています。例文もネイティブがよく使うフレーズが載っています。 まずは日本語の意味を確認しながら、音声を聞いてみましょう。次に、音声をまねて何度も音読とリピート練習をしてみてください。うまく言えないところもあると思いますので、そこは言えるようになるまで何度も練習しましょう。本書には例文の入れ換えトレーニングもあり、実践すればさらにアウトプット力がついていきます。 最後に、慣れてきたら自分でも文章を作ってみて、それをオンライン英会話でアウトプットするとより効果的です。続きを読む
3
2022年11月21日
Profile image

Masumiコーチ

オンライン英会話を利用して楽しく会話ができているのは良いことですね!楽しい気持ちがあれば継続もしやすいですね。 将来仕事で使える英語力をつけていきたいなら、オンライン英会話を最大限に活用していきましょう。ただなんとなくレッスンを受けるのと、レッスン毎に目的を決めて受けるのとでは、効果も違ってきます。 まずはレッスンの前に話すことのテーマを決めたり、英会話で提供されている会話の題材を選んでおいて、レッスン内で使う文法や語彙をある程度準備しておくのがおすすめです。 先生には、「どのくらいの頻度で間違えを指摘してほしいか」のリクエストもしておきましょう。重大なミスだけ指摘してほしい、細かいところまで指摘してほしいなど伝えましょう。 そしてレッスン後の復習も大切です。先生に言われた文法のミスや新しく学んだ表現、言えなかった表現を調べて、声に出して練習してみてください。 同じ先生で受講すると上達の度合いも教えてくれるので、モチベーションもさらにアップして自信につながると思います。 海外赴任の目標達成できるよう頑張ってください!続きを読む
1
2022年11月15日
Profile image

Masumiコーチ

半年ほど勉強続けていらっしゃるので、おそらく勉強習慣はある程度身についていると思います。 勉強が行き詰まっている原因は、もしかしたら現在のレベルにあっていない教材を使っている可能性があります。長文はわからない単語が5つくらいしかないようなものにしたり、短めの文章のものを選んだりしてみましょう。また、リスニングに関しては「Listening Hacker」という音の変化を学べるアプリがあるので、こちらを使って学習してから、市販のリスニング教材に移行すると良いと思います。 また趣味など自分の好きなことに関連した英語を調べてみるという方法もあります。例えば「料理が好き」なら、それに関する英単語を調べて、料理の作り方を英語で説明してみたり、映画鑑賞が趣味なら観た映画の感想を英語にしてみたり。自分が好きなことなら勉強という感覚なくストレスをそれほど感じずにできると思います。 英語習得は長い道のりなので、「ここまでできたら自分にご褒美!」と決めて取り組んでいくのもモチベーションが保てて良いと思います。続きを読む
1
2022年11月15日
Profile image

Masumiコーチ

新しいことを習慣化させるコツは、 ①小さく始める ②すでに習慣になっていることとセットでやる という方法がおすすめです。 「毎日やろう!」と最初から意気込んで始めると、できなかった日があった時自分を責めてしまいがちです。まずは「週1回休日に、朝食や入浴後に受ける」と決めてやってみましょう。リズムがつかめてきたら徐々にレッスン回数を増やしていくとよいです。 また、レッスンの前は何を話すかある程度決めておいたり、終わった後には自分が言えなかった部分を調べたりして復習をすると効果的です。オンライン英会話では話すトピックが選べたりするので、それを使って予習・復習を重ねると良いと思います。 子育てやお仕事で忙しく大変かと思いますが、海外に住みたいという夢、ぜひ頑張って実現させてください!続きを読む
1
2022年11月11日
Profile image

Masumiコーチ

小さい頃から海外に意識を向けられ留学に行きたいという目標、素晴らしいと思います! まずは学校で習う文法や語彙はしっかり学習しておきましょう。基礎ができていると留学してからの伸びも格段に違ってきます。 これらの学習に加えリスニング力も高めておくと良いです。現地の方は教科書のようなクリアな発音では話さないため、リスニングに苦労する方が多いです。私も留学した当初とても苦労しました。相手が何を言っているかわからないと会話ができないため、リスニング力はとても大切です。 YouTubeや英語ニュース、海外ドラマなどを使ってリスニング学習をしていきましょう。最初は日本語字幕で内容をしっかり理解して、次に英語字幕付きで見て自分が聞き取れないところを確認します。ディクテーションを取り入れてみると、聞き取れなかった音が明白になります。知らない単語だからわからなかったのか?、知っている単語だが聞き取れなかったのか?、音のつながりや脱落がありわからなかったのか?など、自分で分析しながら聞いてみてください。 継続していくと徐々に聞き取れる音が増えていくと思います。 留学の夢ぜひ叶えて充実した大学生活になるよう応援しています!続きを読む
1
2022年10月24日
Profile image

Masumiコーチ

モチベーションを維持するには、資格試験を目標にしてそれに向け日々どのような勉強をしていくかという行動目標を立てる方法があります。 例えば、『半年後のTOEICで現在より100点アップを目指す』と決めます。その目標に向けて「1日に20問問題を解く」「単語帳を2ページずつ進める」など、ご自身のスケジュールに合わせ無理のない程度の行動目標を設定し学習します。1日にやるべきことをあらかじめ決めておくと行動に移しやすく、達成感も得られるのでモチベーションを維持しやすいです。 仕事が忙しく学習時間があまり取れない時には、「忙しい日は単語の復習を5分だけする」など忙しい日用の学習メニューを設定しておくと、1日全く学習しない日を避けられます。 また、「ここまでやったらご褒美に〇〇しよう」などと設定しておくと、それを楽しみに頑張れるので学習も続きやすいです。続きを読む
1
2022年8月23日
Profile image

Masumiコーチ

単語帳を見ると複数の意味が載っていて覚えるのが大変ですよね。まずは一つの単語につき一つの意味を覚えるようにしましょう。 短期間に同じ単語に出会う回数を増やすと、脳が『重要な情報』と判断して長期記憶に保存されやすくなります。1日に学習できそうな単語の範囲を決めて取り組んだら、数日後にその範囲を復習するといったかたちで繰り返しやっていきます。 また、覚えた単語を記憶から取り出すという練習も効果的です。例えば「キクタン」という単語帳は赤いクリアシートがついているので、それを使って単語を隠し思い出す練習をします。暗記カードを使って単語テストをするのもおすすめです。こちらも何度も繰り返しやっていきましょう。 単語暗記は単調になりがちで途中で投げ出したくなる時もあるかと思いますが、「ここまでやったら自分にご褒美をあげる」など設けて工夫して取り組んでいってみてください。続きを読む
1
2022年7月25日
Profile image

Masumiコーチ

隙間時間には単語の復習をしたり、通勤時にしていたリスニングを取り入れてみましょう。そして「今日の隙間時間は単語復習に当てる」など、1日の始まりにあらかじめ決めておくと、「ついだらだらしてしまった」ということもなくなり実践しやすいです。 隙間時間というと大体5分〜10分程度だと思いますが、その時間で復習できる単語の数は結構あることに気づくと思います。単語は学習回数が多いほど定着しやすくなっていきます。また、リスニングは仕事の合間にストレッチなど体を動かしながらや、家事をしながらでもできるのでおすすめです。 机に座ってまとまった時間で学習することだけが勉強ではないので、隙間時間もこれらの学習を取り入れて有効に活用していきましょう。続きを読む
2
2022年7月13日
Profile image

Masumiコーチ

効果が感じられないとつい途中で他の教材に手を出してしまいがちですが、ご自身が納得いくまで繰り返し学習しましょう。何度も音読して、日本語を見てパッと英語が出てくるまで継続していきましょう。わからなかったところをノートに書くのも、五感を使っており覚えやすい方法なので続けていくと良いです。 また、教材に載っている英文の単語を入れ換えて練習したり、学習した文法を使って自分で文章を作りオンライン英会話で使ってみてください。例えば『次のレッスンでは現在完了形を使って話す』と目標を決め、あらかじめ文章を作っておきます。レッスンで作っておいた文章を話すと通じる喜びが得られたり、間違っていれば先生が正しい文章に直してくれると思います。英会話レッスンもただなんとなくで受けてしまうと話せなかったという気持ちになりがちなので、毎回1つ目標を決めて実行すると満足度も高まると思います。続きを読む
1
2022年6月20日
Profile image

Masumiコーチ

まずは「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を用いて、中学生で習う文型と語彙で英文を組み立てる練習をしていきましょう。 このテキストに載っている英文を見るとおそらく『見るとわかる』『頭では理解している文法』だと感じると思います。しかし、いざ自分で文章を作って話すとなるとできない。この段階から、文型ごとに英作文をする練習を繰り返すことにより、瞬時に英文が出てきて、『わかっている』→『話せる』に変えることができます。何度も繰り返して日本語を見てパッと英文が言えるようになったら、「スラスラ話すための瞬間英作文トレーニング」移って同じように練習していきましょう。口に出して練習する時は、意味やどのような文章の構造をしているか理解しながら行うのがポイントです。また付属のCDを使って発音やイントネーションの確認も同時にしていきましょう。続きを読む
0