ナビメニュー
英語学習Q&Aホームアソミプロフィール
Profile image

アソミ

子供英会話講師として、6カ月の赤ちゃんから高校生まで幅広く指導。留学経験なしで独学で英語を習得。

アソミログ

回答した数:11参考になった数:19
TOEIC®︎955点、英検®︎準1級。子供英会話講師として、6カ月の赤ちゃんから高校生まで幅広い年代へ英会話・文法・試験対策を指導。外資系企業や外国人研究者のサポート業務などを経て、現在は海外の企業と業務委託のフリーランス。子育てと仕事をムリなく両立中。留学経験はないものの、独学で英語を習得。自身の経験を活かし、大人のやり直し英語や子供の英会話習得についてもブログで発信中

このコーチが回答した質問一覧

2022年11月25日
Profile image

アソミ

TOEICは2時間で200問を解く、時間との闘いで集中力も必要です。 学習法としては、まず公式問題集を解いてみると良いと思います。 一度問題を通して解くことで、何となく全容がつかめてきます。 オススメの方法は以下です。 1.時間制限なしで最後まで解いてみる(かかった時間を把握しておく) 2.解説を読み、同じ問題を復習 3.別の模試を本番と同じ時間で解く 4.単語の強化 5.苦手なパートの強化 6.本番前に再度模試を解く⇒復習 試験本番までの準備期間にもよりますが、可能であれば単語集のほかに、パートごとの問題集(苦手なパートを重点的に強化する)で学習できるとさらに良いですね。 TOEIC対策のアプリも充実しています。 有料になりますが、スタディサプリTOEIC® L&R TEST対策コースabceedが使いやすいと評判です。 それぞれ単語やパートごとの練習ができ、スキマ時間を利用できるため、忙しい方には特にオススメです。 TOEICは形式に慣れるまでが大変だと思います。時間も限られているため、○○秒以上考えてわからなければ切り捨てるという潔さも必要になってきます。 毎日お忙しいとは思いますが、時間を上手く活用し対策されてみてくださいね。応援しています。 続きを読む
1
2022年11月16日
Profile image

アソミ

好きなことをベースに英語を学ぶことは、とても良い方法ですね。 海外の方でも、日本のアニメを見て日本語を勉強されている方が何人もいましたよ。繰り返し見るうちに、だんだん日本語がわかるようになってきたと話していました。 アニメの内容にもよりますが、よっぽど専門用語や独自の言葉が飛び交わない限り、英語学習として有効だと思います。YouTubeの自動生成字幕は正確でないことも多いので、NetflixやU-NEXTなどの配信サービスで視聴するのが良いでしょう。 話し方のギャップについては、あまり気にしなくて大丈夫です。 日本語ですでに内容がわかっているものであれば、まず「日本語音声×英語字幕」で見ることをおすすめします。 英語字幕で出てくる単語やフレーズでわからないものがあれば、サッとメモを取っておきます。わからない単語すべてを書くのは大変なので、ピックアップしながら進める形でOKです。 あとから日本語と照らし合わせたり、意味を調べてみましょう。 見ながらただ目や耳で追うだけだとすぐに忘れてしまうので、メモを取ることは意識的に行っておきたいところです。 次に「英語音声×英語字幕」に挑戦します。だんだん、英語でも聞き取れる・字幕を追えるところが増えていくはずです。可能であれば同じ作品を繰り返し見ることで、理解度がさらに深まります。 海外の方と、お互い好きなアニメの話題で盛り上がれたら最高ですね。趣味を通じて仲間が増え、英語でもっと伝えたいと思った時、話すことへのモチベーションも上がっていくことと思います。 続きを読む
1
2022年11月15日
Profile image

アソミ

おうちで楽しく英語に触れられ英語も出ているとのこと、わが子の口から英語が聞けると嬉しくなりますよね^^ アルファベットは、2歳頃であればABCソングやフォニックスの映像を見たり、アルファベットの表を貼っておくなど、まずはイメージとして身近に感じられるようにするのが良いと思います。 文字に興味があるお子さんであれば、次第に自分から読もうとします。身近な環境にアルファベットがあれば、おうちの方がサポートしなくてもどんどん吸収していきますよ。 3~4歳になって書くことに興味を持ち始めたら、アルファベット表の文字をいっしょになぞり書きするのも良いですね。 文字に興味を持つかどうかはお子さんの個性にもよります。わが家の話ですが、長男はひらがなをはじめ文字には興味を持たず、小2となった今でも書くことは嫌がります(読むことは好きなようです)。次男は3歳前から文字に興味深々で、5歳で小文字も読み始めました。 同じように育てていても、何に興味を持つかはその子次第。お子さんの興味ややりたいことを優先しつつ、文字に興味が出た時にサッとその環境が作れるとベストですよね。 今、通信の英語教材や絵本を楽しんでいらっしゃるとのこと、とても良い環境の中英語に触れられていると思います。 幼児期は言葉をシャワーのように浴びてどんどん吸収できる時期です。今は聞くこと・話すことを重視しつつ、成長とともに少しずつ文字の学習に取り組んでいくことをオススメします。生活の中に少しずつ文字を取り入れながら、このまま楽しく英語を続けていってほしいです!続きを読む
1
2022年10月26日
Profile image

アソミ

毎日楽しくオンライン英会話を続けられているとのこと、素晴らしいですね! 外国人の先生と緊張せず会話を続けられることそのものが、上達の成果として現れているとも感じますが、英語力の伸びや今後の課題を見える化するには、やはりテストを受けることです。 テストを受けて現状の英語力を可視化し、今後伸ばしていくポイントがわかることによって、オンライン英会話での取り組みも変わってくる⇒さらなるモチベーションや成果につながるきっかけとなります。 スピーキングに特化したテストには、TOEICスピーキングテストやVERSANTがあります。 TOEICスピーキングテストについて: TOEIC Speaking & Writing Testsからスピーキングテスト部分だけを抜きだしたものです。 テスト時間は20分と短く、毎月開催されていますが、TOEICの指定する会場(全国12ヵ所)まで行く必要があります。 ・音読 ・写真描写問題 ・応答問題 ・資料を読んで説明する問題 ・意見を述べる問題 から構成され、日常会話からビジネスまでカバーされています。 TOEICスピーキングテストへのリンク VERSANTについて: スマホやパソコンのブラウザから、いつでもどこでも受けられるテストです。 テスト時間はTOEICスピーキングテストと同様20分程度で、結果もテスト後数分でわかります。 ・音読 ・復唱(英文を聞こえた通り繰り返す) ・質問 ・文の構築(単語の並び替え) ・話の要約 ・自由回答 から構成されています。 スコアレポートは細かく、レベルアップへのアドバイスも記載されています。 最近では英語力の目安としてスピーキングテストのスコアを重視し、VERSANTのテストを採用する企業も増えています。 VERSANTへのリンク スピーキングだけでなく、四技能の総合的な立ち位置を測りたいのであれば、英検がオススメです。 テストを受けることにより、また違った角度からご自身の英語学習の取り組み方が見えてくるはずです。 費用はかかりますが、挑戦する価値は大いにあると思いますよ。 続きを読む
4
2022年10月24日
Profile image

アソミ

実際のオンライン英会話サービスは、3歳からを一つの基準としている所が多いです。 でも、事前に事務局に確認すれば3歳未満でも受講できるスクールもたくさんあります。 オンライン英会話を選ぶ際は、子ども専門のスクールを選ぶことをおすすめします。 子どもの扱い方を知っている先生と知らない先生とでは、レッスンの質がまったく違ってくるからです。 私自身の体験ですが、あるオンライン英会話(大人向けで一部キッズコースもあるサービス)では、3歳の子どもに対して、何のおもちゃもイラストなどもなく、25分ただただフリートークをしてくる先生に当たったことがあります(案の定、子供は話を聞かずふざけて終わりました。) 先生の英語を聞くことに重点を置く場合はそれでも良いかもしれませんが、先生とのコミュニケーションを取りたいとお思いであれば、子ども専門校を選ぶと良いでしょう。 実際のところ小さいお子さんは、英語の前に画面を通してのコミュニケーションが難しい場合もあります。 オンライン英会話の体験レッスンを受けてみて、お子さんの様子を観察なさってみてください。もし難しいと感じられたら、ご家庭でDVDや英語の絵本など、興味が持てる身近な教材を試してみるのも一つの方法です。幼児向けのカラフルで楽しい雰囲気の教材には食いつく子も多いです^^ 映像や音声で英語をインプットしつつ、年齢が上がってからオンライン英会話にステップアップする方法も良いですし、英語の学習法はお子さんによって何通りもあります。 お子さんの自身が興味を持てる学習法がベストです。ママパパも一緒に楽しむつもりで、試してみてくださいね^^ 続きを読む
2
2022年10月8日
Profile image

アソミ

保護者の方が英語を話せなくても、問題ありません^^ 実際に英会話スクールで教えていた時、自分自身は英語が話せないとおっしゃる保護者もたくさんいらっしゃいました。 おうちの方が英語が得意ではなくても、家や車などで英語をかけ流したり、教室以外で英語に多く触れているお子さんは総じて伸びが早かったです。 大切なのは、「英語が身近にある」と思える環境づくりだと実感しています。 まずはお子さんとコミュニケーションをとり、英語を取り入れるきっかけをつかんでみてはいかがでしょうか。 2年生であれば、学校でも英語活動の授業がありますよね。 その授業の話を詳しく聞いて、興味がありそうなところを深掘りしてみたり、ローマ字を使って一緒に名前を書いてみるなどでも、英語との距離が縮まると思いますよ。 コミュニケーションを通して、お子さんの英語への興味が高まってきたら、YouTubeやネットのフリー素材をプリントしてみたりなどして、英語に触れる回数を徐々に増やしていきましょう。 子供向け英語アプリ、タブレット学習、オンライン英会話、対面の英会話教室など、今は英語の学び方も多様化しています。 アプリやタブレット学習はゲーム感覚でできますし、英会話レッスンはお話することが好きな子にとっては楽しく学べるツールです。書くことが好きな子であれば、スペルのなぞり書きも楽しいですね。 お子さんの性格や興味によって、やりたいことも変わってくるかと思います。 お子さんの「やってみたい!」という気持ちを大切に、興味を持ったものからトライしてみて、徐々に世界を広げられると良いですね^^続きを読む
2
2022年9月27日
Profile image

アソミ

ご質問ありがとうございます お答えはズバリ、まだまだ英語聞き取る耳を持っている今のうちに、たくさん英語で言葉を聞かせてあげてください!ということです。 小学3年生ではローマ字を習いますが、そうするとたちまち英単語がローマ字読みに引っ張られてしまうんです。 例えば、ローマ字を覚えた後では dog  は「ドッグ」と読んでしまうでしょう。けれど、アルファベットの o は、日本語の「オ」ではありません。どちらかと言うと「ア」に近く、日本語にはない音です。そこで、正しい dog の発音を先手を打って聞かせてあげてほしいのです。 具体的な方法として私がおすすめするのは「絵辞典」です。最近は音声も聞ける絵辞典が主流で、大型書店やネット通販で入手できます。 もしお嬢様が興味を示されたら、ぜひお使いになってみてください!続きを読む
1
2022年9月24日
Profile image

アソミ

スピーキングに関しては、ある程度話せるようになるまであえて独学で取り組むことも良い方法だと思います。 実際の練習方法としては、「ラジオ英会話」と「独り言スピーチ&録音」はいかがでしょうか。 以下に詳しく説明しますね。 1. ラジオ英会話で学習する 無料で聞けるラジオ英会話番組は、英語学習の強い味方です。 今ではスマホでもラジオを聞けるため、グッと身近になりましたね。 NHKのラジオ英会話番組は、小学生の英語からビジネス英会話まで、幅広い範囲をカバーしています。 「NHKゴガク」英語の番組案内へ テキストは1カ月500円くらいです。ご自身の英語レベルより易しい番組の場合、テキストがなくても理解できます。 しかしながらNHKラジオのテキストは、実際のレッスン内容(会話のスクリプトや文法の説明など)の他にも、英語学習に役立つコンテンツがもりだくさんで、お値段以上の価値があると感じています。良かったら書店でお手に取ってみてください。 いくつか番組を聴いてみて、興味が持てる内容の番組を2つくらいに絞ると継続しやすいと思います。 テレビの英語番組も良いですが、あえてラジオ英会話を推す理由としては、「視覚情報がないことで、かえってリスニング・スピーキングに集中できる」という点です。 自分の耳だけを頼りにすることで、より集中して学習ができますよ。 2. 独り言スピーチ&録音 1つテーマを決める・もしくは日々感じたことを話すなど、内容については話しやすいものからで良いと思います。 大切なのは、「録音をして後から聞き返すこと」です。 実際に録音を聞き、客観的に話した内容について分析してみましょう。 ・言葉に詰まる→語彙力を強化する・繰り返し同じトピックについて話す ・文法の間違い→間違っている部分の文法を見直し ・同じような単語ばかり使っている→類語辞典などを活用し、言葉のバリエーションを増やす などなど、課題点と対策が見えてくるはずです。 日ごろから、英語で考えて話してみるだけでも力はつきますが、客観的にご自身の英語を聞くことでさらなる課題克服・実力強化につながっていきます。 はじめは、自分の英語を聞くことは恥ずかしいかもしれませんが、次第に慣れていきます。ぜひトライしてみてくださいね。 独学の場合は添削者の存在がないため、ご自身で課題を分析し対策していく必要があります。 ですが、熱意と工夫次第で英語力は伸びていきます。応援していますね! 続きを読む
2
2022年9月9日
Profile image

アソミ

英単語を効果的に覚えようと工夫なさっているのですね。 人間は忘れてしまう生き物なので、英単語においては繰り返しの復習&覚えた単語を別の場面で使うことがポイントになります。 ●復習の方法とポイント 何度も同じ単語を書いたり、単語帳を広げるのは手間とストレスになりがちですね。 スマホを使ってササっと短時間で復習するのが、続けやすい方法だと思います。 スマホアプリの単語帳は、ご自身が覚えたいと思う単語を入力して、オリジナルの単語帳として使えるものが多くあります。 "ReminDO"や、"自分で作る単語帳 WordHolic!"といったアプリが使いやすいですよ^^ ReminDOは脳科学に基づいて、「もっとも忘れやすいタイミング」を狙ってプッシュ通知をしてくれる機能もあります。(アプリはiPhoneのみ対応) スマホと単語帳を活用することで、スキマ時間かつ短時間で復習できます。ぜひ試してみてくださいね。 ●別の場面で使う機会を増やす方法例 子どもは、覚えたての言葉をしつこいほど使いますよね。 同じように、一度覚えた単語は鮮度の高いうちに何度も使うと定着しやすいです。 例としては、 1. オンライン英会話のフリートークの際に、覚えた単語を交えて話してみる 先生に、「この単語を使ってトークしたい」ということを伝えれば、応じてくれますよ。 いくつか単語を交えて話をした後、類語も教えてもらうことでさらに理解が深まります。 2. 英語日記に、覚えた単語を含んだ英文を書いてみる 覚えた単語を、身近な出来事や日々の考えとして英語で書いてみましょう。 「自分事」にすることで、より覚えやすくなります。 もし英作文に落とし込むのが難しい単語であれば、Web英語辞典に出てくる例文を、身近な主語や単語に入れ替えて作るのでも良いと思います。 英単語は、出会う頻度が多ければ多いほど覚えやすくなります。 復習をしつつ、別の場面・教材で同じ単語に出会った時に思い出せるよう、多くの英文に触れることにもトライしてみると良いと思います^^ 続きを読む
1
2022年9月5日
Profile image

アソミ

英語学習を始めてしばらく経つと、わが子がどの程度英語力をつけているのか気になりますよね。 4歳のお子さんには、試験に関する一連の手続き(自分で名前を記入したり、マークシートを塗ったり)に関して不安に感じられるのではないでしょうか。 テストにまだ慣れていないお子さんには、オンラインでも受験できる「英検Jr.」をお勧めいたします。 音声を聞いて正しい答えを選ぶテストで、合否はなく、正答率が結果として表れる形式です。 実際の試験問題も、試験とは感じられないようなカラフルなイラストや音声で構成されています。 英検ジュニアにはペーパー版とオンライン版がありますが、4歳のお子さんであれば「オンライン版」が安心です。 ペーパー版と違い、 1.会場に行かず、自宅で受験できる 2.回答用紙に記入する必要がない 3.正しいと思う番号をクリックするだけで良い というメリットがあります。 そのため、環境に左右されたり緊張しすぎる心配がなく、純粋な英語力を測ることができます。 試験後は、詳しい分析票と、スコアに関係なく認定証(賞状)がもらえます。 特に認定証はお子さんにはうれしく感じられるようで、英語学習へのモチベーションが上がったという話をよく聞きます。 英検Jr.にはブロンズ・シルバー・ゴールドの3つのグレードがあり、「ゴールドは英検5級より難しい」という声もあります。 英検Jr.で力試しをしながら、徐々に英検対策へステップアップしていくプランがオススメです。 今のうちは得点や習熟度にはこだわらず、お子さん自身の「やってみたい!」や「できた!」と思う気持ちを大切に、英語学習を続けていきたいですね。 続きを読む
1