ナビメニュー
英語学習Q&Aホーム前川 未知雄プロフィール
Profile image

前川 未知雄

LLDオンライン外語学院学院長。アスリートイングリッシュマイスター。

LLDオンライン外語学院

回答した数:30参考になった数:41
1978年石川県金沢市生まれ。星稜高校・立命館大学産業社会学部卒業。大学在学中にスカッシュというマイナースポーツに打ち込み、2度の海外遠征を経験したことで英語への愛が深まった。金融系の企業で2年間法人営業を行った後、25歳の時にアイルランド共和国へ半年間の語学留学。帰国後英語講師へ転身し、英会話スクール等で8年間勤務した後に地元の金沢市にLLDオンライン外語学院を設立。2022年4月で9年目(法人化4年目)を迎える。通訳案内士・TOEIC®990点・英検®1級・IELTS™8.0(スピーキング8.0)。帰国子女・英文科卒・海外の大学(大学院)卒といったバックグランドでは無く、25歳以降ほとんど国内での英語学習により英語力を高めてきた自身の経験、自身の学習法を述べ400名以上のマンツーマンレッスンで検証した指導経験、CELTA(ケンブリッジ大学認定英語教師)教授法などを活かし、口だけでは無く成果の出せる教師を目指している。また2021年8月にアスリート向け英語教育サービス(アスリート・イングリッシュ・マイスター)を開始し、首都圏在住の五輪代表選手2名の遠隔英会話指導を行っている。

このコーチが回答した質問一覧

2022年8月1日
Profile image

前川 未知雄

こんにちは。別のアドバイザーの方が推奨されている内容に加えまして、 瞬間英作文をする上で「覚える英文の構造を100%理解できていること」をご留意点としてお伝えしたいと思います。 暗記する英文構造や単語の意味などを完璧に理解しないとただの丸暗記になってしまい応用がききづらいからです。 「どうしてこんな語順なのだろう」と疑問のある英文を覚えても応用がききません。 一例ですが 「日本で最も良い企業の一つはトヨタだと思います」という瞬間英作文をしようとするのであれば、 "I think one of the best Japanese companies is Toyota." という英文を覚える際に ①thinkの後のthatは省略可能 ②goodの最上級はbest ③one of の後に数えられる名詞の複数形が来る という3点を意識して練習することが大切です。瞬間英作練習の本当の価値は 「覚える例文自体よりもこうした文法項目を意識しながら覚えることで得られる応用力」 だからです。この点を強く意識しますと、"That's one of the reasons." 「それも理由の一つです」などと、覚えたルール(先ほどの③)を他の場面で応用できます。 最後になりますが、瞬間英作文は (1)私自身の経験 (2)多数の指導経験  からお勧めできると自信を持って言えます。 私は25歳で英語の学習を開始した際、ある時「英会話をしようとしても、まず日本語が浮かんでくる」ということに気付き「それなら浮かんできた日本語を英語に直すスピードを速くできれば、英会話が出来るのではないか」と仮説を立て、中学・高校の基本的な文法を学ぶ為の例文を1,000以上暗唱(瞬間英作文)したところ、留学先のアイルランドでは会話においてひどく困ることはありませんでした(会話相手としては、語学学校の教師・日本人も含む各国のクラスメート・ホームステイ先のファミリーなどでしたので、自分1人でネイティブが多数いるような難しい場面ではないです)。 具体的な効果としては、会話の瞬発力が上がったことと、覚えた例文と例文同士をくっつけて少し複雑なことも言えるようになりました。「瞬間英作」という学習法があることを知ったのはそれより後の事でしたので、直感的に始めた学習法ではありましたが効果はてきめんでした。また私と全く同じ学習法を過去11年間のべ400名以上のプライベートレッスンにて導入し、50歳でゼロから始めて難なく海外旅行で会話が出来るようになった方や、20代後半でゼロから始めて3年でオーストラリアへ移住された方を始めとして、嘘偽りなく「自分以外にも効果がある学習法であった」と言い切れます。続きを読む
2
2022年8月1日
Profile image

前川 未知雄

こんにちは。 私は25歳から英語学習を再開し、現在まで20年近くほとんど国内で英語学習を続けてきておりますが、TOEFLのスピーキング満点というのはかなり非現実的な目標であると感じております。 満点を取るには自然でミスの無い流暢な英語を話す必要があり、できるだけネイティブスピーカーと同じように話すことが出来るかの世界だと思います。 ところが成人してから主に国内で学習をしてきた人間からすると、どれだけ学習してもどこかに日本語の影響を受けており「初見の問題を見て瞬時に英語話者らしく話す」ということがかなり難しく感じております。 勿論私自身もまだまだ練習不足な面もあるでしょうし、何か非常に良い方法・メソッドがある可能性は否定しませんが、それでも帰国子女ではない母語の影響を大きく受けている大人の方が満点を取るのは至難の業だと思われ、軽々しく「帰国子女じゃなくてもこうすれば取れますよ」と言うことの方が不誠実では無いかと感じております。続きを読む
1
2022年8月1日
Profile image

前川 未知雄

こんにちは。 お尋ねの件ですが、難しめのものから読み始めると途中でつまづいてしまわれることもあるかもしれません。 また英文読解練習には「ネイティブが読むような高度な英文を読めるようになる」という側面もあれば「簡単な英語を素早く読めるようになる」という側面もあります。 難しいものを読めるだけが読解力では無く、書き言葉であっても話し言葉であっても簡単な英語を矢継ぎ早に読んで(聞いて)理解するということも現実のコミュニケーションでは求められますので、たとえ簡単なレベルの本であってもご自分が読みやすそうだなと思ったものや興味のあるものを自信を持って読み進めていかれることをお勧め致します。 ただ、漠然とペラペラページをめくっていても速読力は身に着きませんので、ある一定の範囲を手を使わずに目だけで左から右に素早く英文に目を通し、理解するのにかかった時間を測ってみられることもお勧めです。 仮に速読中に理解に苦しみ後戻りしてしまった箇所があれば、同じ箇所を何度も練習し最終的に「後戻りせず英語が目に入ってきた順番でスラスラ読める=理解できる」という状態に仕上げていかれることをお勧め致します。かかった時間を記録していき、タイムトライアル形式で少しずつ記録を短縮することをモチベーションにされるのも良いと思います。 少しでも参考として頂けますと幸いです。続きを読む
1
2022年8月1日
Profile image

前川 未知雄

こんにちは。 私も別のアドバイザーの方がアドバイスされていらっしゃるように、シャドーイングは大変有効な学習方法でありお勧め致します。 もし質問者さんが特に英語学習の締め切り(〇〇までに△△点取らなければならない、とか、仕事で××までに身に着ける必要がある、など)をお持ちでないのでしたら、急がずにまずディクテーション(聞こえてきた英語を英文の途中、あるいは1文丸ごと聞いたらストップして、紙に書き取ってみる)を多数行うということも考えられます。 英語が出来るようになった方全員が初心者のうちからシャドーイングをした訳ではありませんし、私自身もTOEICで900点を目指そうというレベルの時に初めてシャドーイングに取り組みました。ただ逆に、もし初心者の頃からシャドーイングに取り組んでいればもっと速く、かつ大きく英語の聞き取り力が上がった可能性もあります。 ですので決して反対している訳では無く、賛成でも反対でも無い立場であり、英語の学習方法には色々な道筋があると考えています。どんな練習をするにせよ質問者さんが前向きかつ長期的に練習を繰り返していけば、成果は得られると思いますし、ご自分の判断で練習方法をされてはと思います。続きを読む
1
2022年8月1日
Profile image

前川 未知雄

こんにちは。 英会話の下準備としてライティング学習から開始されたい、ということですね。よく「書けないのに話せる訳がない」と言われますが、確かにゆっくりと時間をかけても書けない英語が、会話になるとポンポン(しかも正しい表現が)出てくるというのはあり得ませんので、会話力の下地を付けるという意味でライティング力を高めることは良いことだと思います。 一方で、一旦ライティング練習を始められたら「ではどこまで書けるようになったら英会話の学習を始めたら良いのか?」ということを考える時が来ると思います。 結論から言いますと、「中学文法が一通り使える」というくらいの段階で会話練習に移られることをお勧めします。実際には、ライティングが結構支離滅裂で文法が正しく無くても、会話になると問題無くコミュニケーションを取れている人もいますし、逆にライティングは大変正確でも、間違いを気にされたり完璧に話されようとし過ぎたりすることでリズムよく英語が口から出てこないという人もいます。 そこは学習者の皆さんのご性格や気持ちの持ちようによる部分が大きいです。ですので「〇〇まで到達したら」という締め切りの部分は厳密に考えても仕方が無く(気持ちの問題ですので)、ある程度アバウトで良いと思います。 「中学文法を一通り終えたら」というのは、私の過去の指導経験上そのレベルの知識があればそれなりに会話はできるという感覚に基づいており、あまり深く考えずまずそのレベルまで高められたら会話練習に移られたらどうかと思います。その上で実際に話してみて、また何か違う気付きが得られるかもしれません。尚具体的には、「99パターンでわかる中学英語文型の総整理」(著者及び出版社:学研教育出版)など中学3年間の内容を、与えられた日本語を英語に直す方式で作文練習できるテキストがお勧めです。 その上で、日記を書いてみるのも良い練習になると思います(文法をある程度固めてから日記を書かれた方が、使える表現のストックが増えておりよりストレスなく書けます。また文法力が無い状態で英語を多く書いても、ミスに気付けず誤った英語が定着しかねません)。 少しでも参考として頂けますと幸いです。続きを読む
2
2022年7月30日
Profile image

前川 未知雄

こんにちは。 質問者さんがおっしゃるように、take など基本的な英単語には非常に多くの使い方があり、コアイメージを覚えることでそれらの意味を一網打尽にできるのではないかというアイディアですね。 現在は「イメージで覚える」といった類の英語教材は数多く出ていますので、それらを実際に手に取られて読まれた上で、好みのテキストを使われてはどうかと思います。 その際に大切なのはただテキストを読むということでは無く、他人に説明できるレベルまで知識として落とし込むということだと考えています。 例えば take でしたら 「こうこうこういうコアイメージがあり、例文としては、1〇×△ 2〇×△ 3〇×△・・・のように使われます」 と例文を交えた説明をスラスラと発表できるよう練習されることをお勧めします。こうすれば読んで満足するだけでなく、自分で話したり書いたりする時にも応用をきかせやすくなります。 留意点としては、こういったコアイメージを用いた覚え方は、他人から説明されてもイメージとしてしっくりこないものがあったり、結局のところはコアイメージだけで全てを説明し切れないということもあり、やはり多く覚えなければならないということもあります。 その辺りは実際に学習していかれる中で分かってこられるかとは思いますが、だからコアイメージを使った学び方が無駄と言う訳では無く、イメージを使って覚えやすい箇所はどんどんイメージを使って覚える・良いところは取り入れる、というご姿勢でいかれたらと思います。 最後になりますが、今回のご質問の元々の趣旨が「一つの単語に数多く意味があり、全てを覚えるのが難しい」ということであったと思います。それはもうおっしゃる通りで、一つの単語に出会う度にその全ての意味を覚えようとすると大変過ぎますので、基本的には「出会った例文の中の、出会った意味」を一つずつ覚えていかれると良いのではと思います。そうしないと時間がいくらあっても足りないですし、何より「マニアックな節々の意味まで覚えても、すぐに忘れてしまうだけ」です。 ですので、一つの単語に出会う度に、その出会った意味に限定して覚えていけば良いと考えております。その過程で、どの単語のどの意味がよく使われているのかということも体感できます。少しでも参考として頂けますと幸いです。続きを読む
1
2022年7月30日
Profile image

前川 未知雄

こんにちは。 TOEFLのスピーキングが15点で停滞されているということですね。 質問者さんのスピーキングのパフォーマンスを実際にお聞きした訳ではありませんので、具体的にどこをどう改善するかというアドバイスはできかねますが、まずはご自分のスピーキングの回答を録音されて自分で分析されたり、あるいは教師に聞いてもらってフィードバックをもらったりすることで、具体的にどこをどう直せば良いかしっかりと見極められることをお勧め致します。 英会話あるあるですが、目標を持たずに漠然とアウトプットを繰り返すだけですと、いつの間にか同じ表現ばかりを繰り返していたり、ネイティブには伝わりずらい話し方が定着したりすると言うリスクがあり、練習しているつもりでもそれがスコアに反映されないことが多々あります。 そこでご自分のスピーキングの課題分析が大切なのですが、ご自分で分析するにはまずTOEFLの採点基準をご覧になると良いです。例えば採点基準の一つである Topic Development の項目では、4点満点中3点の評価では "Overall development is somewhat limited, usually lacks elaboration or specificity." とあります(引用元ページ:TOEFL iBT® Scoring Guides)。 こちらの基準に従いますと「話の展開が限られていて、具体性が無い」と3点になるということが分かります。 例えば男女共学に関する質問がされたとして「共学には賛成。共学にすることで異性とのコミュニケーション能力が高まる。」といった回答だけですと「では、コミュニケーション能力が高まるというのは具体的にはどういうこと?」という突っ込みが入り、具体性に欠けていると判断されてスコアが低くなるということが読み取れます。 このようにご自分の回答と採点基準と照らし合わせてみることで自分の弱点・改善点を探ることができます。ただしこのような分析をご自分だけするにも限界があるかと思いますので、コーチングや英会話など専門家の力を借りるということもできるかと思います。 とにかく大切なのは、漠然と練習を繰り返すのではなく、何を改善すべきか明確にし、目的を持ったトレーニングをされるということをお勧め致します。少しでも参考として頂けますと幸いです。続きを読む
1
2022年7月26日
Profile image

前川 未知雄

こんにちは。既に別のコーチがアドバイスされているように、固有名詞を覚える必要性は全く無いように思えます。 また質問者さんのコメントの中に「せっかく覚えた文法や単語の知識が活かしきれていません。」とありますが、私は逆の印象で、文法や単語の知識が強固であればあるほど、固有名詞が登場しても気にならなくなるはずだと考えております。 例えば、 Edward insists that Richard be brought to court. という英文があるとして、「insist などの要求・命令・提案などを表す動詞を使った場合、that節内の動詞は原形となる」という知識がしっかりとついており、かつ無冠詞で court とあるので、brought to court で「裁判にかけられる」という意味であるという知識がしっかりとあれば、「とにかくエドワードという人物が、リチャードという人物が裁判にかけられるべきだと言い張っている」という意味がつかめ、この英文を処理するのに苦労しないと思います。 逆にこうした文法や単語の意味がしっかりとついていないと、上記の英文を見た時に固有名詞に引っ張られるような感覚に襲われるのではないか、と感じております。仮に質問者さんが基本的な文法に一通り精通されているのでしたら、これまた別コーチのアドバイスと同じになりますが、「固有名詞は、人物や組織などとにかく何らかの名称だ」というくらいの意識であまり気にせず読み進められることをお勧め致します。続きを読む
1
2022年7月21日
Profile image

前川 未知雄

こんにちは。ご質問者さんは現在日本在住でしょうか? もしそうですと、買い物や挨拶というのはどちらかと言うと非日常的ではないかと考えられます(海外ご在住でしたら別ですが)。 仮に国内で英語学習をされていらっしゃるのでしたら、日常生活を場面・カテゴリに分けると言うより、自分が英語で表現したい話題をカテゴリに分けていかれることをお勧めします。 例えば「趣味のスポーツ観戦の話」「好きな海外アーティスト」「現在の仕事内容」などといった感じです。日本で英会話をするとなると、多くは英会話講師との会話となり、日常生活で使うような言い回しよりもこういったトピックベースで話をすることが多くなります。ですのでまずは「自分が会話でよく話すトピック」に絞って表現を覚えていかれると、覚えた表現からどんどん使っていくことになり忘れませんし効率的に学習が出来ます。 具体的には、上記のそれぞれのトピックに関してA4-1枚程度で英文を書き、それを添削してもらい、添削してもらったものを何も見ないでスラスラと言えるまで暗記をするという方法が考えられます。 また日本語を話している時でも私達は一人一人使う言葉遣いが違いますので、トピックに関わらず自分がよく言いがちなフレーズ(ex.強いて言えば、だからと言って、私的には・・・)も自然に英訳したものを覚えていかれると尚効果的です。少しでも参考として頂けますと幸いです。続きを読む
1
2022年7月19日
Profile image

前川 未知雄

こんにちは。自社の外国人採用面接をするとなった場合に気を付ける点は、 ①入社後に依頼する業務内容を具体的に伝える  ことと ②それに対してどの程度貢献できるか  をヒアリングすることだと考えております。 外国の方を採用する場合は日本人と同じ行動を期待できないと思っていた方が良く、指示を受けていない/契約に無い事柄について動いてもらうことは難しいと考えておいた方が後で困りません。ですので、面接前に入社後の仕事内容を極力細部まで明確にし、それら一つ一つの業務で起こり得る様々なリスクについて面接時に事前に伝えてどのように対処できるか確認をします。 日本人のように「空気を読んで進んで動いてくれる」ということは期待せず、最初に「これはあなたの仕事」と責任をきっちりと明確にすることで後からマネージメントし易くなると感じております。 外国人の従業員とは「これは自分の責任ではない」ということで過去によくぶつかりましたので、その経験を踏まえて書かせて頂きました(分野は違えど外国人雇用の際にありがちなトラブルと思われます)。少しでも参考として頂けますと幸いです。続きを読む
0