ナビメニュー
英語学習Q&AホームMonicoコーチプロフィール
Profile image

Monicoコーチ

英会話講師として活躍。貿易業界や翻訳にも携わる。英語の面白さをたくさんの人たちに伝えたい。

英会話学習方法 - アラサー女のポジティブGUIDE

回答した数:87参考になった数:130
中学校の義務教育で英語に出会い虜になる。その後高校生で語学研修でオーストラリアに滞在、全然英語が話せなくて絶望する。外国語大学に進学し、ひたすら英語と向き合い続け、8か月の語学留学の後、ようやく英語に自信がつく。大人向け英会話学校で現役講師を務める傍ら、英語学習者向けのコラムなどライターとしても活動中。

このコーチが回答した質問一覧

2022年8月13日
Profile image

Monicoコーチ

学校の勉強以外にも英語に興味を持っているというのは、喜ばしいことだと思います。ぜひとも英語への興味が失せないよう、親御さんとしてもサポートしたいところですよね。 英語というのは日本では多数の試験に分けて「対策」という勉強をしますが、根本は言語なので、英検を受けるために勉強することで総合的に英語力も上がり、大学受験の助けにもなるはずです。 ただ、もし今受験生なのであれば、やはり試験に合わせた対策をする方が効率的かと思いますので、まずは受験対策に集中される方がいいかとは思います。 今もし1、2年生であれば、大学受験までまだ遠いので、モチベーションを保つ、通過地点のゴールとして英検を設定し、そのために英語力向上を図るのは素晴らしいと思いますよ。続きを読む
1
2022年8月13日
Profile image

Monicoコーチ

一般的に英検2級って、高校卒業レベルの英語力が求められると言われています。なので、おっしゃる通り高校卒業レベルのお力があるということでしたら、1か月でも勉強の仕方によっては可能だと思います。 ただ、一口に卒業レベルと言っても、英検2級となると大分単語力も必要になってくるので、1か月で対策をするとしたら、2級の試験向けの単語は集中して覚えましょう。リーディングも医療やテクノロジー等少し難しいものになりますが、わかる単語が多ければ多いほど理解を深めることができますよね。 そのうえで、リスニング力を高めるために、英検2級対策のテキストの音声は何度も聞き、シャドーイングもしっかり練習することをお勧めします。続きを読む
1
2022年8月9日
Profile image

Monicoコーチ

英語のライティングに関しては、もちろん独学でも可能です。ただその場合、自分の書いた文章の正解が分かりませんよね。なので、正直なところを申し上げると、今は格安で添削サービスなどもあるので、時折チェックをお願いするのがいいと思います。 もし、完全独学でされたいのであれば、お手本の英語記事を何度も嫌というほど読み込み、英文の構成を自分で再度1から書けるレベルに仕上げる方法があります。 記事を読み込み、日本語訳をし、その日本語訳から、その元の文章を何も見ずに復活させる方法です。これはかなり難しいですが、何度も読みこめば不可能ではありません。ここで難しすぎる場合は文法力や表現力が足りないということなので、記事のレベルを下げるか、文法、表現力の強化も同時に行いましょう。 地道ですが力が付きますよ。頑張ってくださいね。続きを読む
1
2022年8月9日
Profile image

Monicoコーチ

確かに、英語の基本の4技能として、リスニング・ライティング・スピーキング・リーディングの4つがあります。 これを大きく2つの種類に分けると、リスニング、リーディングとライティング、スピーキングです。 多くの人が話せないのは、話せるようになりたいからと言って、正しい英語のインプットなしにいきなりスピーキングを頑張ろうとしてしまうことが原因の一つとしてあります。 まずは、正しい英語のインプットをしましょう。しいてカテゴライズで分けるとすればリスニング、リーディングです。会話がしたいのであれば、日常会話のコンテンツを多く聴き、マネするところから始めましょう。 そして、実際に使えるようになるためには習ったことをモノにしていかないといけないので、覚えたことを使って英作文してみるのもお勧めです。いきなりスピーキングに入るよりハードルが下がります。 まずはインプットを8割目安、2割アウトプットが理想とされていますが、とにかく正しい英語のインプット(リスニング、リーディング)から始めてみてくださいね。続きを読む
1
2022年8月9日
Profile image

Monicoコーチ

長文読解で多くの方が躓くのが「最後まで時間内に解ききれない」ということです。もちろんボリュームは多いし難易度は高いです。ですが、合格する人はその中でも効率よくスピーディーに内容を把握し、最後まで解ききっているんですよね。 スピーディーに読めるようにするにはどうしたらいいか、それは、「読み直しをしない」ことです。 従来、学校では英語は後ろから前に修飾される、などと習いますが、この通りに読んでいくと、一度前から読んで、もう一度後ろから読み直すことになってしまいます。 この手間が省ければ、かなり時短になるんですよね。 それをする手法を「サイトトランスレーション」または「スラッシュリーディング」と呼び、英語を、英語の語順のまま、前から後ろに理解しながら進む方法です。 最近ではYoutube上で、「サイトトランスレーション 方法」などで検索するとやり方が動画で解説されています。ぜひこの読解法を試してみてください。続きを読む
1
2022年8月9日
Profile image

Monicoコーチ

すでに英検2級をお持ちで、大学レベルの英語力があるということなので、もちろんお力はあるのかと存じますが、英検1級と準1級は、2級と準2級の差とは比べ物になりません。 英検1級には、ネイティブですら知らない単語が出てくるぐらい、内容が英語マニアックです。相当英語が好きで、難しい単語を日ごろ詰め込んでいて、英文で何かを読むことも全く苦労なく、ほぼ知らない単語がない状態で読めるお力があれば、いきなり1級に臨んでもいいかもしれませんが、俗に英会話講師をしている人たちも、準1級まではいても、なかなか1級保持者はいません。 相当なレベルが求められるので、段階を踏んで準1級から取得する方がオススメかなと思います。続きを読む
3
2022年8月9日
Profile image

Monicoコーチ

英検1級の受験を考えられるくらいなので、すでに上級の英語力をお持ちかと思います。 英検1級というのは、昔あった国家資格の通訳試験の一次試験が免除になるくらい、非常に高い英語力が必要になります。 そのため、このレベルの資格を取る人であれば、それ相応にネイティブと話すことが結果としてできる人が多いです。 ただ、中には試験対策だけ一生懸命して試験に受かって、実際のスピーキングは不慣れで1級持っているのに話せないという人も実際に会ったことがあります。 もし、英検1級をご自分の今後のキャリアに必要としていて目指されるのであればいいかと思いますが、ネイティブと話すために1級を取るというのであれば少し遠回りかなと思います。 実際に英検1級は、ネイティブでも知らない単語が出てくるほど、単語もマニアックです。その単語を実際に「知って」いても「使える」のとはまた別なので、スピーキングは別途訓練はどのみち必要かと思います。 ビジネス英語が話せないのは、単語や表現に慣れていないからだと思いますので、ビジネス英語の表現などを習得し、あとは実際にオンライン英会話などで練習する方がスピーキングを伸ばす近道かと思います。 頑張ってくださいね。続きを読む
2
2022年8月9日
Profile image

Monicoコーチ

中学生に英語を教えていた経験もあり、少しは役に立つかと思いますので回答いたします。 英検5級を中学1年生で受けるのが早すぎることは特にないですが、焦って英検対策をしなくてもいいかと思います。 というのも、英検5級は、持っていても何も効力がないからです。高校受験の際に、例えば英検3級以上だと英語の試験が免除されるような学校もありますが、5級だと書類に書きすらしないです。 英語を頑張ってもらう上で、「モチベーションを持って取り組んでほしい」ということであれば、確かに英検は合否があるので、自分の努力結果を示すものとしては有効かと思います。 ただ、それよりは今英語を学習し始めたところなのであれば、まずは「英語が楽しい」と思えるような、会話に少し取り組んでみたりするほうが、リスニングも上がり、楽しさが分かればおのずと勉強するので、有効かと個人的には思います。続きを読む
1
2022年8月9日
Profile image

Monicoコーチ

5社ほど転職をしているので、少しはお役に立てるかと思うのでお答えします。 一応私も英検を保持していて、履歴書にはTOEIC、英検の両方を記載しています。 ただ、TOEICと英検、どちらも能力の数値は同じような結果を持っているのですが、決まって反応されるのはTOEICのスコアです。 本当はスピーキングもあるので英検が評価されてもいい気がしますが、今の日本社会はTOEICファーストと言っても過言ではないでしょう。 英検を持っておく分に損することはないですが、もし今から資格取得の一環として勉強を始めるのであれば、TOEICのスコアを先に伸ばしたほうが有効かと思います。 TOEICは少し前まで2年期限でしたが、今は期限もなくなっているので。 頑張ってくださいね。続きを読む
1
2022年8月8日
Profile image

Monicoコーチ

日本語での面接、英語での面接も複数経験しているのでお伝えさせていただくと、実際には面接を受けるうえで大事なことは変わりません。 しかし、文化的な「英語の性格」は理解しておいた方がいいですね。 それは、とにかく明確に、分かりやすく伝えること。ただでさえ英語は私たちの母国語ではないので、回りくどく遠回しに伝えようとすると、きっと非常に分かりづらくなります。その時点で、自信がないように見えるのでマイナスです。 英語は、一文だけ取っても、とにかく大事なことから伝える言語ですよね。主語が来て、その主語が何をして(動詞)、それはどのようにしたのか、という具合に。 なので、何か質問されたら、まずは即座に結論を述べ、その後理由を述べることを心がけましょう。 あと、自信を見せるのは大切です。なので"Be confident"がキーになると思います。 頑張ってくださいね。続きを読む
1